Electronic Arts

参照:ウィキペディア

ナビゲーションに移動 検索に移動
エレクトロニック・アーツ(英: Electronic Arts、略称: EA)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州レッドウッドシティに本社を置くコンピュータゲーム販売企業。

目次


 1 概要
 1.1 日本法人
 2 主な作品
 3 ネット販売
 4 プライバシーポリシー
 5 ブランド
 6 脚注
 6.1 注釈
 6.2 出典
 7 関連項目
 8 外部リンク
概要

1982年にトリップ・ホーキンスが設立する。
創立初期数年間はPCゲーム専門のパブリッシャーだったが、1980年代後半になると自社でゲーム開発を始め、1990年代初期にはコンソールゲームも手がける。
1990年代前半はセガと、後半からはSCEと北米市場で協力する。
1990年代に映画製作などで使われるスタジオ方式を真似たゲームソフト開発方式を導入して、優れたゲーム開発者を獲得する事によって成功。
また1997年にはマクシスを買収し、2000年代前半には世界最大のゲームソフト販売会社になり、2005年3月31日の会計では31.29億ドルの売上高となる。
EA Sportsレーベルで販売されるスポーツゲーム、ハリウッド映画などの版権ゲーム、そして『ニード・フォー・スピード』、『メダル・オブ・オナー』、『ザ・シムズ』のような長年続く人気のあるシリーズ物に圧倒的なシェアを持っている。
2008年にカーカルチャーサイトSpeedhuntersを開設している。
日本法人

日本進出の際に日本ビクター子会社のビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)と資本提携し、1990年にエレクトロニック・アーツ・ビクター株式会社を設立、オフィスを神宮前に構える。
なお、ビクター音産は分社化したビクターインタラクティブソフトウェアを通じて自前でゲーム事業を行っていた(2003年にマーベラスエンターテイメント(現:マーベラス)へ売却)。
当初は米EAが供給していた洋ゲーの3DOソフトの日本語版制作と発売を中心に行っていたが、1995年にプレイステーションやセガサターンのソフトに進出し、新テーマパークやテーマアクアリウムなど日本市場独自のソフトの企画・発売も手がけるようになる。
1998年に提携先をスクウェア(現:スクウェア・エニックス)に変え、合弁でエレクトロニック・アーツ・スクウェアを設立した[2]。
この時、本社を目黒に移転した。
また、2000年に発売されたPlayStation 2用ソフト『XFIRE ~クロスファイア~』はエレクトロニック・アーツ・スクウェアが初めて開発したゲームであった。
また、逆にスクウェアが海外進出する際も、米国子会社「SQUARE ELECTRONIC ARTS LLC.」を合弁で設立した。
2003年3月にスクウェアとの合弁を解消し、米エレクトロニック・アーツが全株式を取得。
日本法人はエレクトロニック・アーツ株式会社となる(スクウェアとの合弁は前述の通り当初から5年の契約であったため、スクウェアとエニックスの合併によるスクウェア・エニックスの誕生とは無関係)。
2004年、六本木の泉ガーデンタワーへ移転。
2006年5月、西新宿4丁目へ移転。
日本国内での事業は海外ゲームのローカライズやKID開発タイトルの販売が主で、海外に比べればシェアはかなり小さい。
EAビクター時代の企業ロゴマークは「E」を表す四角、丸、「A」を表す三角を並べて「E○A」様にデザインしたものだったが、雑誌『ログイン』などでこの丸を「O」(オー)と捉え「EOA」と思い違いされることがあった。
EA販売でありながら『Mass Effect 2』や『Dragon Age: Origins』のような膨大な量のローカライズ作業が必要なゲームに対しては消極的で、日本語版では別メーカーから発売されることも多い。
2011年7月にセガ(後のセガホールディングス)と提携。
以後EAのブランドを維持したまま流通に関してはセガの持つ販路を利用する形を取る(ベセスダ・ソフトワークスやユービーアイソフトがスクウェア・エニックスの流通を使用しているのと同じ形)。
2019年3月26日、日本オフィスの閉鎖を発表した[3]。
主な作品

買収される前のマクシスの作品はマクシス#エレクトロニック・アーツ吸収以前に発売されたゲームを参照。
 Apex Legends
 007シリーズ
 タイタンフォール
 タイタンフォール2
 バーンアウトシリーズ
 メダル・オブ・オナーシリーズ
 ニード・フォー・スピードシリーズ
 ウルティマオンライン
 ゴッドファーザー
 フリーダムファイターズ
 バトルフィールドシリーズ
 バトルフィールド1942
 バトルフィールド ベトナム
 バトルフィールド2
 バトルフィールド2 モダンコンバット
 バトルフィールド2142
 バトルフィールド バッド カンパニー
 バトルフィールド1943
 バトルフィールド バッド カンパニー2
 バトルフィールド3
 バトルフィールド4
 バトルフィールド ハードライン
 バトルフィールド1
 バトルフィールドV
 アーミー オブ ツー
 シムシティシリーズ
 ザ・シムズシリーズ
 テーマパークシリーズ
 スター・ウォーズシリーズ
 スター・ウォーズ バトルフロント
 スター・ウォーズ バトルフロントII
 スター・ウォーズ ローグ スコードロン II
 スター・ウォーズ バトルフロント (2015)
 スター・ウォーズ バトルフロントII (2017)
 Def Jamシリーズ
 ハリー・ポッターシリーズ
 ロード・オブ・ザ・リングシリーズ
 クルセイダー:ノーリモース[:en]
 クルセイダー:ノーリグレット
 コマンド&コンカーシリーズ
 BLACK
 レゴ スター・ウォーズシリーズ
 レゴ インディ・ジョーンズ
 DEAD SPACE
 ロードラッシュ[注 1]
 EAスポーツ
 FIFAシリーズ
 マッデンNFLシリーズ
 NBAライブシリーズ
 ファイトナイトシリーズ
 タイガー・ウッズ PGA TOURシリーズ
 NHLシリーズ
 MVPベースボールシリーズ
 NASCARシリーズ
 NCAAフットボールシリーズ
 MVP NCAAベースボールシリーズ
 Real racingシリーズ
 EA Sports BIG
 SSXシリーズ
 FIFAストリートシリーズ
 NBAストリートシリーズ
 NFLストリートシリーズ
 アーコン
 装甲機動隊 L.A.P.D.
 ソビエトストライク
 デザート・ストライク 湾岸作戦[注 2]
 ロケットアリーナ

以下は確認済みの日本市場向けオリジナルタイトル

 酒匠DS
 少年鬼忍伝ツムジ(DS、米社本体単独出資としては(実質)史上初の日本向けオリジナルタイトル)開発元はニューロン・エイジ
 当初は『はち恋』が日本向けオリジナルタイトル第一号となる予定であったが、2009年12月に同タイトルの発売中止が発表された(2012年にハンゲームのスマートフォンアプリとして発売)。
 ソムリエDS
 テトリスモンスター
 バーテンダーDS
 羅媚斗、元々はアーケード向けに開発されたタイトルで、ロケテストもされていたにも関わらず海外のみの発売に留まり、国内ではセガサターンに移植した家庭用のみ発売。
開発元はアイオーン。
ネット販売

もともとは「EAストア」でネット販売されていたが、2011年6月にOriginでのネット販売に切り替わった[6]。
2019年10月29日にValveとの提携を発表。
今後EAのタイトルがSteamでも配信される予定である[7]。
プライバシーポリシー

2016年10月28日現在、Electronic Arts社は、自社サイトのプライバシーポリシーにおいて、「当社はお客様の情報のセキュリティを保証することはできません。
また、当社の管理下におけるお客様の情報への無認可の使用あるいはアクセスについて、いかなる責任も負いません。
」と明記し、情報管理の無責任と損害賠償責任の免責を顧客に表明している[8]。
ブランド

 EA Games (スポーツゲーム以外のタイトル)
 EA Sports (スポーツゲーム)
 EA Sports Big (エクストリームスポーツ)
 Maxis (シミュレーションゲーム) シムとタイトルが付くもの(シムシティ、ザ・シムズなど)
 Pogo.com (オンラインゲームサイト)
 speedhunters.com (カーカルチャーサイト)
脚注
注釈

^ 相手レーサーを攻撃できるアクションレースゲーム。
コースは5種類あり、各コースで勝利すると貰える賞金でバイクをチューンアップすることが可能。
コースが単調という難点はあるが、難易度が高めで敵を攻撃する爽快感を伴うことからレースゲームとしては肯定的に評価されている[4]。^ EA作品中屈指の高難易度戦争シミュレーションゲームとして知られており、草稿・燃料・武器3種類の残量に注意しながらやり込むという戦略性を伴う[5]。
出典

 ^ a b エレクトロニック・アーツ株式会社 第21期決算公告
^ スクウェアがエレクトロニック・アーツと合弁会社を設立”. PC Watch (1998年4月27日). 2012年8月30日閲覧。^ EA、日本オフィスは“閉鎖”へ…ゲームの提供やサポートは今後も継続”. gamespark (2019年3月26日). 2019年3月28日閲覧。^ 株式会社QBQ編 『懐かしのメガドライブ 蘇れメガドライバー !!』マイウェイ出版発行、2018年。ISBN 9784865118704 p58^ 株式会社QBQ編 『懐かしのメガドライブ 蘇れメガドライバー !!』マイウェイ出版発行、2018年。ISBN 9784865118704 p57^ "EA Launches Origin"(June 03, 2011)[リンク切れ]
^ EAのSteam復帰が正式発表! 月額サービス「EA Access」も来春Steamで登場”. gamespark (2019年10月29日). 2019年10月31日閲覧。^ Electronic Arts Inc. (2016年10月28日). “Electronic Arts Inc.プライバシー&クッキーポリシー6.お客様の個人情報を守る方法”. 2016年12月15日閲覧。
関連項目

 Origin (デジタル配信プラットフォーム)
 坂口亮 - VFXクリエイター、元社員、現在はデジタル・ドメイン社勤務。
 ポルシェ - 2016年まで独占使用契約を結んでいた。
外部リンク

 公式ウェブサイト
 EA Japan (@eajapan) - Twitter (日本語)
 Electronic Arts (@EA) - Twitter (英語)
 エレクトロニック・アーツ - YouTubeチャンネル


 
 
 
 
エレクトロニック・アーツ
フランチャイズ作品
EAスポーツ
 Cricket
 F1
 FIFA
 ファイトナイト
 マッデンNFL
 MVPベースボール
 NASCAR
 NBAライブ
 NCAAバスケットボール
 NCAAフットボール
 NHL
 PGA TOUR
 Triple Play
 SSX
 UFC
その他
 アリス
 アーミー オブ ツー
 バトルフィールド
 Bejeweled
 Bookworm
 Boom Blox
 バーンアウト
 コマンド&コンカー
 クライシス
 Dead Space
 ドラゴンエイジ
 ダンジョンキーパー
 Feeding Frenzy
 マスエフェクト
 メダル・オブ・オナー
 Midnight Star
 ミラーズエッジ
 ニード・フォー・スピード
 Peggle
 Plants vs. Zombies
 ロックバンド
 Shank
 シムシティ
 スケート
 スター・ウォーズ バトルフロント
 Spore
 System Shock
 ザ・シムズ
 タイタンフォール
 ウルティマ
 Unravel
 ウィングコマンダー
 Zuma

傘下企業
現在の傘下企業
 BioWare
 Criterion Games
 DICE
 EA Gothenburg
 EA Mobile
 EA Montreal
 EA Singapore
 EAスポーツ
 EA Tiburon
 EA Vancouver
 Firemonkeys Studios
 GameFly
 Industrial Toys
 Maxis
 Motive Studios
 PopCap Games
 Respawn Entertainment
過去の傘下企業
 Bullfrog Productions
 Danger Close Games
 EA Black Box
 EA Bright Light
 EA Chicago
 EA Pacific
 EA Phenomic
 EA Salt Lake
 Kesmai
 Mythic Entertainment
 NuFX
 Origin Systems
 Pandemic Studios
 Playfish
 Visceral Games
 Westwood Studios
関連人物
 トリップ・ホーキンス(創業者)
 ラリー・プロブスト(経営執行役会長)
 アンドリュー・ウィルソン(CEO)
 マイク・ベルドゥ
関連項目
 EA Access
 Origin
 Pogo.com
 RenderWare
 Frostbite
 Ignite


 
 
 
 
NASDAQ 100 構成銘柄(2020年4月30日入替時点)
 銘柄入替日時点でのウェイト順
 緑字は2020年4月30日入替銘柄
 
 
 
 
コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
正会員
 アークシステムワークス
 アイディアファクトリー
 アイレムソフトウェアエンジニアリング
 アカツキ
 アクセルマーク
 アクワイア
 アトラス
 アニプレックス
 アリカ
 イマジカデジタルスケープ
 インティ・クリエイツ
 ウォーゲーミングジャパン
 ディズニー・インタラクティブ・スタジオ
 SNK
 エッジワークス
 エディア
 NHN JAPAN
 エレクトロニック・アーツ
 オーイズミ・アミュージオ
 オフィスクリエイト
 角川ゲームス
 カプコン
 ガンホー・オンライン・エンターテイメント
 グッド・フィール
 KLab
 グランゼーラ
 グリー
 ケイブ
 元気
 コーエーテクモゲームス
 コナミデジタルエンタテインメント
 コロプラ
 Cygames
 サイバーエージェント
 サイバーステップ
 サイバード
 サクセス
 サミーネットワークス
 C&Cメディア
 ジープラ
 ジェイエムエス・ユナイテッド
 システムソフト・アルファー
 SHIFT
 シリコンスタジオ
 スクウェア・エニックス
 スタジオフェイク
 スパイク・チュンソフト
 スマイルブーム
 セガ
 ゼニマックス・アジア
 ソニー・インタラクティブエンタテインメント
 ソニックパワード
 タイトー
 タカラトミー
 タムソフト
 ディー・エヌ・エー
 ディースリー・パブリッシャー
 DICO
 ディンプス
 デジタルハーツ
 ドリコム
 ドワンゴ
 ナウプロダクション
 日本マイクロソフト
 ハムスター
 バンダイナムコエンターテインメント
 ピグミースタジオ
 フジゲームス
 藤商事
 フリュー
 フレイムハーツ
 プロダクション・アイジー
 プロトタイプ
 フロム・ソフトウェア
 ヘキサドライブ
 ヘッドロック
 ポールトゥウィン
 ポケモン
 ポケラボ
 ポリゴンマジック
 ボルテージ
 マーベラス
 マイネット
 ミクシィ
 miHoYo
 ユークス
 ユービーアイソフト
 Yostar
 LINE
 リベル・エンタテインメント
 レッド・エンタテインメント
 レベルファイブ
特別賛助会員
 任天堂
一般賛助会員(企業)
 ADKマーケティング・ソリューションズ
 Epic Games Japan
 KADOKAWA
 GameWith
 コスパ
 サードウェーブ
 ソニー・ミュージックコミュニケーションズ
 ソフトギア
 大和証券
 タカラトミーアーツ
 Tencent Japan
 日経BP
 Happy Elements Asia Pacific
 ブシロード
 Project White
 ブロッコリー
 みずほ銀行
 モリサワ
一般賛助会員(学校)
 アミューズメントメディア総合学院
 新潟コンピュータ専門学校
 神戸電子専門学校
 学校法人日本教育財団
 国際情報工科自動車大学校
 専門学校東京テクニカルカレッジ
 沼津情報・ビジネス専門学校
 アーツカレッジヨコハマ
 ヒューマンアカデミー
 日本電子専門学校
 東京コミュニケーションアート専門学校
 名古屋情報メディア専門学校
 新潟高度情報専門学校
 東北電子専門学校
 バンタンゲームアカデミー
 ECCコンピュータ専門学校
関連団体
 コンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)
 コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)
 日本アミューズメント産業協会(JAIA)
 日本コンピュータゲーム協会(JCGA)
典拠管理

(出典:Wikipedia 2020/06/19 01:14 UTC 版)