フレームレート

参照:小学館

読み方:ふれーむれーと
コンピューターグラフィックスや動画において、1秒間に何回画面を書き換えるかを表した数値。
大きい値ほど、画面表示が滑らかになる。

フレームレート

参照:IT用語辞典バイナリ

【英】frame rate
フレームレートとは、動画の再生などの品質に関する指標で、画面のコマ(フレーム)が新しく書き換えられる頻度を示す値のことである。
フレームレートの単位は「fps」(frame per second)で、1秒間にどれだけのフレームが更新されるか、という値で表される。
フレームレートの値が高いほど、多くのフレームを用いて動画が再生されていることになり、画面表示が滑らかになる。
ビデオキャプチャーで使われるフレームレートは、動画の取り込み速度を表し、ゲームでは画面描画速度の目安として使われる。

フレームレート

参照:ウィキペディア

ナビゲーションに移動 検索に移動
(出典:Wikipedia 2022/05/21 03:35 UTC 版)

フレームレート

参照:ウィキペディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 10:19 UTC 版)
「Rec. 2100」の記事における「フレームレート」の解説
Rec. 2100は以下のフレームレートを指定している:120p, 119.88p, 100p, 60p, 59.94p, 50p, 30p, 29.97p, 25p, 24p, 23.976p。
プログレッシブ・スキャンのフレームレートのみが許容される。
※この「フレームレート」の解説は、「Rec. 2100」の解説の一部です。
「フレームレート」を含む「Rec. 2100」の記事については、「Rec. 2100」の概要を参照ください。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 21:56 UTC 版)
「Rec. 709」の記事における「フレームレート」の解説
BT.709では、画像サイズをフレームレートから分離するとともに、BT.709がHDTVの世界標準となる柔軟性を提供するために、さまざまなフレームレート及び走査方法を提案している。
このことが、セットメーカーに対して世界中のすべての市場に向けた単一の受像機やディスプレイを製造販売することを可能にしている。
BT.709-6では以下のフレームレートを指定している、ここでPは順次走査、PsFはプログレッシブ・セグメント化フレーム(英語版)、Iは飛越走査を示す。
24/P, 24/PsF, 23.976/P, 23.976/PsF 劇場用映画に適する。
小数点付きのレートはNTSCの「プルダウン」との互換用である。
50/P, 25/P, 25/PsF, 50/I (25fps) PALおよびSECAMといった50HZシステムを使っていた地域用。
PAL/SECAMではNTSCのようなプルダウンを用いなかったので、小数点付きのフレームレートは定義されていない。
60/P, 59.94/P, 30/P, 30/PsF, 29.97/P, 29.97/PsF, 60/I (30 fps), 59.94/I (29.97 fps) NTSCのような60Hzシステムを使用していた地域用。
ここでも再び旧来のNTSCでのプルダウンに対応した小数点付きのレートが定義されている。
※この「フレームレート」の解説は、「Rec. 709」の解説の一部です。
「フレームレート」を含む「Rec. 709」の記事については、「Rec. 709」の概要を参照ください。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/29 03:14 UTC 版)
「Rec. 2020」の記事における「フレームレート」の解説
Rec. 2020では以下のフレームレートが指定されている:120p、119.88p、100p、60p、59.94p、50p、30p、29.97p、25p、24p、23.976p。
プログレッシブ・スキャンのフレームレートのみが許容されている。
※この「フレームレート」の解説は、「Rec. 2020」の解説の一部です。
「フレームレート」を含む「Rec. 2020」の記事については、「Rec. 2020」の概要を参照ください。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 19:48 UTC 版)
「2160p」の記事における「フレームレート」の解説
120pがITUによる規格上の最大である。
デジタルシネマカメラで撮影された映画は24pが主流である。
放送業務用途では60pが主流となりつつあるが、家庭用4KテレビやカメラではHDMI1.4準拠で30pまでの対応とする機材も多い。
2013年9月12日、IBC2013でBBCなどが150pや300pによる映像を展示した。
これにより映像のボケが改善される。
※この「フレームレート」の解説は、「2160p」の解説の一部です。
「フレームレート」を含む「2160p」の記事については、「2160p」の概要を参照ください。
ウィキペディア小見出し辞書の「フレームレート」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。
ご了承くださいませ。
お問い合わせ。