Infinity Ward

参照:ウィキペディア

ナビゲーションに移動 検索に移動 アクティビジョン・ブリザード > アクティビジョン > インフィニティ・ウォード
Infinity Ward(インフィニティ・ウォード)は、アメリカ合衆国のカリフォルニア州ロサンゼルスのエンシノにあるゲームソフトウェア開発会社。

目次


 1 概要
 2 開発作品
 3 関連項目
 4 外部リンク
概要

2002年、『メダル・オブ・オナー アライドアサルト』を開発した2015, Inc.の元社員22人が設立。
2015, Inc.から独立した理由は制作に当たって「英雄」を描かせようとした社と、「一兵士」を描きたかったチームとの間で対立が起きたためだという。
2003年、アクティビジョンに買収された。
『コール オブ デューティシリーズ』の第一作を開発して、その後も何作か開発を担当している。
現在は100人ほどの社員が働いている。
2010年、アクティビジョンがInfinity Wardの社長とCEOを解雇[1]。
独立したゲームスタジオRespawn Entertainmentが設立され、多くの従業員が移籍した。
2011年発売のコール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3はSledgehammer Gamesと共同で制作された。
開発作品
発売年タイトル機種
2003年コール オブ デューティーMicrosoft Windows、Xbox 360、PlayStation 3、Mac OS X、N-Gage
2005年コール オブ デューティ2Microsoft Windows、Xbox 360、Mac OS X
2007年コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェアMicrosoft Windows、Xbox 360、PlayStation 3、Wii, ニンテンドーDS、Mac OS X
2009年コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2Microsoft Windows、Xbox 360、PlayStation 3
2011年コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3Microsoft Windows、Xbox 360、PlayStation 3、Wii、ニンテンドーDS
2013年コール オブ デューティ ゴーストMicrosoft Windows、Xbox 360、Xbox One、PlayStation 3、PlayStation 4、Wii U
2016年コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェアMicrosoft Windows、Xbox One、PlayStation 4
2019年コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアMicrosoft Windows、Xbox One、PlayStation 4
関連項目

 アクティビジョン
 コール オブ デューティシリーズ
外部リンク

 Infinity Ward公式サイト(英語)
 Infinity Ward (@InfinityWard) - Twitter
 Infinity Ward - YouTubeチャンネル
この項目は、企業に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 経済)。
典拠管理

^ 奥谷海人のAccess Accepted / 第259回:歴史的作品「Call of Duty」シリーズの舞台裏2010/04/12 11:54
(出典:Wikipedia 2021/09/06 09:34 UTC 版)