Communication

参照:三省堂

人間が互いに意思・感情・思考を伝達し合うこと。
言語・文字その他視覚・聴覚に訴える身振り・表情・声などの手段によって行う。

>>『三省堂 大辞林 第三版』の表記・記号についての解説を見る

Communication

参照:実用日本語表現辞典

英語:communication
コミュニケーション(英: communication)とは、「伝達」「通信」「意思疎通」などの意味の表現。
「交流を図る」「意思を伝え合う」といった行動を指す意味合いで用いられることも多い。
言葉を使った意思疎通だけでなく、文字を使った伝達、身振り手振りによる意思表示などもコミュニケーションに該当する。
日本語で「コミュニケーション」というと、基本的には人間同士が言葉を主な伝達手段に用いて行う意思疎通を指す、といえる。
コミュニケーション(communication)は英語の動詞 communicate に接尾辞を付けて名詞(抽象名詞)化した単語である。
動詞 communicate は「(情報を)伝達する」という意味がある。
語源はラテン語で「分かち合う」を意味する「communis」である。
なお英語の common(共通する)なども同じ語源の単語である。
「マスコミュニケーション」は大衆メディアを用いた(一方向的な)情報伝達のことであり、伝達・通信・報道のニュアンスが色濃い。
日本人はしばしば「コミュニケーション」と「コミニュケーション」を混同してしまい、うっかり「コミ・ニュ・ケーション」という(原語とはかけ離れた)発音や表記を用いやすい。
日本語には元々「コミュ」と発音するような語彙がないので発音しづらく、うっかり言い誤るものと推測される。
「シミュレーション」(simulation)もこれと同様に「シュミレーション」(趣味レーション)と言い間違われやすい。
日常会話の中では「コミュニケーション」は「コミュニケーションを取る」「コミュニケーションを図る」といった形で用いられる。
相互理解を促進するために接触や会話の機会を設けることを「積極的にコミュニケーションをとる」などと表現したり、相互理解を促す会話やレクリエーションの機会が少ないさまを「コミュニケーションがとれていない」「コミュニケーション不足」などと表現したりする。
「コミュニケーション能力」は、人間関係において、互いの意思疎通をスムーズに行うための能力を指す。
また、身体的、もしくは精神的な理由で、他人とスムーズに意思の疎通が取れないことを「コミュニケーション障害」と呼び、俗に「コミュ障」と略して罵り文句に用いられる。

Communication

参照:広告転職.com

情報が象徴や記号を通して、送り手から受け手に伝えられる過程。
情報が伝わる過程でノイズ(雑音)が入ったり、情報を暗号化する過程や情報を読み解く過程で誤ったものが伝えられることもある。
良いコミュニケーションとは、自分の情報を正確かつ効率的に記号化し、受け手に意図通りに届かせることである。

Communication

参照:IT用語辞典バイナリ

読み方:つうしん
【英】communication
通信とは、送り手が情報を送り、また受け手が情報を受けることである。
特に電気的な手段を用いて行われる場合(電気通信)を指す場合が多い。
通信は、発信者が媒体にメッセージを載せ、通信手段、あるいは、通信路を用いて、受信者にメッセージを伝える。
技術の発展に従って、さまざまな形態の通信が実現されてきた。
特に、電気的な方法を使って通信を行う電気通信が普及したことにより、グローバルに膨大な情報を瞬時に交換することができるようになった。
通信には、メッセージを迅速に届けること、間違いなく正確に届けること、盗聴などを防いで安全に届けること、誰にでも地域や時間や身分などの制限なく届けること、低価格で利用できること、さまざまな種類のデータを送ることができることなどの潜在的な要求がある。
特に、どんな人間でも差別なく利用できるサービスの状態は、ユニバーサルサービスと呼ばれ、通信サービスを評価する一つの基準となっている。
手紙など、紙媒体を用いる国際的な郵便網は、1875年の万国郵便連合の成立に見ることができる。
電気的な方法を用いる通信は、特に電気通信と呼ばれる。
1890年代に、マルコーニ(Guglielmo Marconi)が、無線通信に成功したことを電気通信の始まりと考えることができる。
その後の発展は、真空管やトランジスタ、集積回路といったデバイスの発明によって飛躍的に加速化した。
また、電波を用いる無線、電話線の活用、光ファイバの実用化と、通信路においても、飛躍的な前進が見られる。
インターネットの普及は、これらの基礎的な通信技術の発展の上に成り立っている。
なお、「電気通信」の定義について、法律的には、電気通信事業法の第2条第1号において、「電気通信 有線、無線その他の電磁的方式により、符号、音響又は影像を送り、伝え、又は受けることをいう。
」と規定されている。
電気通信に対して、放送は、放送法第2条1号において、「公衆によって直接受信されることを目的とする無線通信の送信」と定義されている。
もともと通信と放送は、別のものであったが、近年の技術的な発展と、利用方法の変化によって、両者の垣根は徐々に取り払われつつある。
インターネットを利用したラジオやテレビの登場はこのような例となっている。
技術的にも、インターネット上で、同一パケットを効率良く多数のユーザーに届けるマルチキャストが可能となっており、放送と同じように利用できる基盤が整ってきている。

Communication

参照:Jabion

英訳・(英)同義/類義語:communication, transduction
親から子供に伝えられる対立遺伝子の頻度差を測定することで連鎖不平衡を検出する方法。

Communication

参照:ウィキペディア

『Communication !!!』
リア・ディゾン の スタジオ・アルバム
リリース】: 2008年8月20日
ジャンル】: J-POP
時間】: 47分23秒
レーベル】: ビクターエンタテインメント
チャート最高順位
 16位(オリコン)
リア・ディゾン 年表
Destiny Line(2007年) Communication !!!(2008年) 
Communication !!!』(コミュニケーション!!!)は、リア・ディゾンの2枚目のアルバム。
2008年8月20日にビクターエンタテインメントから発売された。

目次

 1 解説
 2 収録曲
 2.1 DISC1(CD)
 2.2 DISC2(DVD)

解説

初回限定盤(CD+DVD付)と通常盤(CDのみ)の2形態でリリース。
先行シングル4曲(カップリング含む)収録。
初回限定盤にはビデオクリップ集やメイキングなど特典映像を収録したDVDが同梱されており「Under the Same Sky」のビデオクリップが初収録されている、一方の通常盤には大幅増量ブックレット付となっている。
本作ではリアは作詞のみにとどまらず、本格的に作曲にも挑戦している。
本アルバムを引っさげた初の全国ツアーが10月に行なわれた。

収録曲
DISC1(CD)

 Step into my world
 作詞:リア・ディゾン & 新美香 / 作曲:江上浩太郎 / 編曲:ha-j
 Love Paradox
 作詞:リア・ディゾン & 新美香 & 白井裕紀 / 作曲:Philippe-Marc Anquetil & Christopher Lee-Joe & Darren Monson & Thomas Volmer Jensen / 編曲:BNA Productions
 LOVE SWEET CANDY
 作詞:リア・ディゾン & 新美香 & 白井裕紀 / 作曲:Kana / 編曲:日高智
 Without a good-bye
 作詞:リア・ディゾン & 白井裕紀 / 作曲:Philippe-Marc Anquetil & Karl Guner & Hanne Sorvaag / 編曲:BNA Productions & Karl Guner
 Vanilla
 作詞:リア・ディゾン & 新美香 / 作曲:ha-j & 知野芳彦 / 編曲:ha-j
 Nothin' to Lose
 作詞:リア・ディゾン / 作曲・編曲:HIRO
 Lost at Sea
 作詞:リア・ディゾン / 作曲:リア・ディゾン & 知野芳彦 / 編曲:知野芳彦

WEBドラマ「TOKYO PROM QUEEN サマーヒート」主題歌

 Communication!!!
 作詞:リア・ディゾン / 作曲・編曲:藤澤慶昌
 Not Too Bad
 作詞・作曲・編曲:HIRO
 BxKxRxxx
 作詞:白井裕紀 / 作曲:リア・ディゾン & 知野芳彦 / 編曲:ha-j & 知野芳彦
 Under The Same Sky
 作詞:リア・ディゾン & 新美香 & 白井裕紀 / 作曲:縄田寿志 & 宮本恵美 / 編曲:縄田寿志
 Thank you
 作詞:リア・ディゾン & 白井裕紀 / 作曲・編曲:STY
DISC2(DVD)

 Under the Same Sky (Video Clip)
 Under the Same Sky (Tokyo Prom Queen Version) (Video Clip)
 Under the Same Sky (Making Video)
 Vanilla (Video Clip)
 Sweet Vanilla shot !
 Love Paradox (Video Clip)
 Hong Kong Tour Live & Off Leah's Cut
・話・
リア・ディゾン
シングル】: 1.Softly - 2.恋しよう♪ - 3.L・O・V・E U - 4.Love Paradox - 5.Vanilla
アルバム】: 1.Destiny Line - 2.Communication !!!
DVD】: 1.LIVE Communication!!!

(出典:Wikipedia 2014/02/25 01:59 UTC 版)
『Communication!!!』
リア・ディゾン の スタジオ・アルバム
リリース】: 2008年8月20日
ジャンル】: J-POP
時間】: 47分23秒
レーベル】: ビクターエンタテインメント
チャート最高順位
 16位(オリコン)
リア・ディゾン 年表
Destiny Line(2007年) Communication!!!(2008年) 
Communication!!!』(コミュニケーション)は、リア・ディゾンの2枚目のアルバム。
2008年8月20日にビクターエンタテインメントから発売された。

目次

 1 解説
 2 収録曲
 2.1 DISC1 (CD)
 2.2 DISC2 (DVD)

解説

初回限定盤(CD+DVD付)と通常盤(CDのみ)の2形態でリリース。
先行シングル4曲(カップリング含む)収録。
初回限定盤にはビデオクリップ集やメイキングなど特典映像を収録したDVDが同梱されており「Under the Same Sky」のビデオクリップが初収録されている、一方の通常盤には大幅増量ブックレット付となっている。
本作ではリアは作詞のみにとどまらず、本格的に作曲にも挑戦している。
本アルバムを引っさげた初の全国ツアーが10月に行なわれた。

収録曲
DISC1 (CD)

 Step into my world
 作詞:リア・ディゾン & 新美香 / 作曲:江上浩太郎 / 編曲:ha-j
 Love Paradox
 作詞:リア・ディゾン & 新美香 & 白井裕紀 / 作曲:Philippe-Marc Anquetil & Christopher Lee-Joe & Darren Monson & Thomas Volmer Jensen / 編曲:BNA Productions
 LOVE SWEET CANDY
 作詞:リア・ディゾン & 新美香 & 白井裕紀 / 作曲:Kana / 編曲:日高智
 Without a good-bye
 作詞:リア・ディゾン & 白井裕紀 / 作曲:Philippe-Marc Anquetil & Karl Guner & Hanne Sorvaag / 編曲:BNA Productions & Karl Guner
 Vanilla
 作詞:リア・ディゾン & 新美香 / 作曲:ha-j & 知野芳彦 / 編曲:ha-j
 Nothin' to Lose
 作詞:リア・ディゾン / 作曲・編曲:HIRO
 Lost at Sea
 作詞:リア・ディゾン / 作曲:リア・ディゾン & 知野芳彦 / 編曲:知野芳彦

WEBドラマ「TOKYO PROM QUEEN サマーヒート」主題歌

 Communication!!!
 作詞:リア・ディゾン / 作曲・編曲:藤澤慶昌
 Not Too Bad
 作詞・作曲・編曲:HIRO
 BxKxRxxx
 作詞:白井裕紀 / 作曲:リア・ディゾン & 知野芳彦 / 編曲:ha-j & 知野芳彦
 Under The Same Sky
 作詞:リア・ディゾン & 新美香 & 白井裕紀 / 作曲:縄田寿志 & 宮本恵美 / 編曲:縄田寿志
 Thank you
 作詞:リア・ディゾン & 白井裕紀 / 作曲・編曲:STY
DISC2 (DVD)

 Under the Same Sky (Video Clip)
 Under the Same Sky (Tokyo Prom Queen Version) (Video Clip)
 Under the Same Sky (Making Video)
 Vanilla (Video Clip)
 Sweet Vanilla shot!
 Love Paradox (Video Clip)
 Hong Kong Tour Live & Off Leah's Cut
・話・
リア・ディゾン
シングル】: 1.Softly - 2.恋しよう♪ - 3.L・O・V・E U - 4.Love Paradox - 5.Vanilla
アルバム】: 1.Destiny Line - 2.Communication!!!
DVD】: 1.LIVE Communication!!!

(出典:Wikipedia 2014/04/05 06:16 UTC 版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
(出典:Wikipedia 2019/09/01 06:20 UTC 版)