参照:三省堂

〔オーム(ohm)を逆に綴(つづ)ったもの〕 電気伝導率の単位。
アメリカでの称で, SI 単位はジーメンス。
記号

五十音図マ行第五段の仮名。
両唇鼻音の有声子音と後舌の半狭母音とから成る音節。


平仮名「も」は「毛」の草体。
片仮名「モ」は「毛」の末三画。
〔奈良時代,古事記では,上代特殊仮名遣いで甲乙二類の別があり,古くは発音上区別があったとされる〕
〔「おも」の「お」が脱落した形〕 おもて。
表面。
あたり。
方向。
「阿倍の田の-に居る鶴(たず)の/万葉集 3523」

人が死んだのち,近親者がその死をいたみ,また死のけがれを忌(い)んで慎むこと。
一定の期間家に閉じこもったり交際をさけたりする。
「 -に服する」 「 -が明ける」

災い。
凶事。
「旅にても-なくはや来と我妹子が/万葉集 3717」
[句]
喪を発する
腰から下にまとう衣服。


奈良時代,律令制による礼服のときに,男女とも用いた腰巻式のもの。


平安時代以後,公家の女房などが正装するとき,袴(はかま)の上につけ,後方のみにたれた襞(ひだ)飾りのあるもの。
水中に生育する水草・海草・藻類などの総称。
( 副 )
「もう」のくだけた言い方。
さらに。
もっと。
「 -ひとつどうぞ」

もはや。
もう。
「いや,-往(い)にまらする/狂言・痩松」
( 助動 ) ( ○ ・○ ・も ・も ・○ ・○ ) 〔上代東国方言〕 活用語の未然形に付く。
推量の助動詞「む」に同じ。
「人妻とあぜかそを言はむ然(しか)らばか隣の衣(きぬ)を借りて着なは/万葉集 3472」 「我が門(かど)の片山椿まこと汝(なれ)我が手触れなな地(つち)に落ちかも/万葉集 4418」

( 係助 ) 種々の語句に接続する。

類似した事物を幾つか取り出し並べて提示する。
「…も…も」の形をとることが多い。
「血-涙-ない男」 「野に-山に-春がきた」 「世界の男,あてなる-いやしき-,いかでこのかぐや姫を得てしがな,見てしがなと,音に聞きめでて惑ふ/竹取」

他にも類似の事物が存在することを言外にほのめかす形で,ある事物を提示する。
「英語-ろくにできないくせに」 「君のこと-頼んでおいた」 「心なき身に-あはれは知られけり鴫(しぎ)立つ沢の秋の夕暮れ/山家 秋」

不定を表す言葉に付いて,全面肯定・全面否定を表す。
「何-知らない」 「だれ-が知っていること」 「なに-あらむもの給へ/落窪 1」

極端な事物を提示し,強調する。
…さえも。
「聞いたこと-ない話」 「太っ腹の社長-,今度はまいったようだ」

動詞の連用形や動作性名詞に付いて,下に否定の語を伴い,打ち消しの意を強めて表す。
「ふりむき-しない」 「いちべつ-くれない」

詠嘆・感動の意を表す。
「書き-書いたり,一日五千枚」 「こう-暑くてはやりきれない」 「限りなく遠く-来にけるかな/伊勢 9」

係助詞「こそ」「ぞ」「や」「か」などを伴って用いられる。
→ もこそ(連語) ・ もぞ(連語) ・ もや(連語) ・ もか(連語)

( 接助 )
形容詞連用形に接続する。
ある動作・作用や状態を述べる時,その量や程度について極端な場合あるいは限界となる場合を想定するのに用いられる。
…とも。
…ても。
「おそく-本年中には完成するだろう」

活用語の連体形に接続して,逆接の確定条件を表す。
…けれども。
…ても。
「心ひとつにいとど物思はしさ添ひて内裏へ参らむと思しつる-,出で立たれず/源氏 橋姫」

( 終助 ) 文末に付いて,詠嘆の意を表す。
体言を受ける場合,他の係助詞が上接して「かも」「やも」「ぞも」「はも」などの形をとる。
→ かも(連語) ・ やも(連語) ・ ぞも(連語) ・ はも(連語) 「春の野に霞たなびきうら悲しこの夕影にうぐひす鳴く-/万葉集 4290」 「恋せじとみたらし河にせしみそぎ神はうけずぞなりにけらし-/古今 恋一」
( 接頭 ) 〔「真(ま)」と同源か〕 状態を表す語に付いて,「真に」「本当に」「もっとも」などの意を表す。
「 -中(なか)」 「 -寄り」
>>『三省堂 大辞林 第三版』の表記・記号についての解説を見る

読み方:モ(mo)
(1)人の死後、その親族が一定期間、屋内で身を慎むこと。
(2)わざわい。
凶事。
読み方:モ(mo)
古代の貴族女性のスカート状の衣服。

読み方:モ(mo)
ミツガシワ科の浮葉性多年草
学名 Nymphoides peltata
読み方:モ(mo)
菨葉の別称
読み方:モ(mo)
沈水植物の総称
読み方:モ(mo)
沈水植物の総称
読み方:モ(mo)
沈水植物の総称
読み方:モ(mo)
沈水植物の総称

名前 Mo

参照:ウィキペディア

Jump to navigation Jump to search
(出典:Wikipedia 2018/07/05 05:23 UTC 版)

参照:Wiktionary


 片仮名
 五十音図: マ行 オ段
 字源: 「毛」のほんの一部
 平仮名: も
 ローマ字: mo

発音

 IPA: /mo/

同音の漢字

 Wiktionary:漢字索引 音訓 も#モ参照。