辞書

類語

英和・和英

Web

参照:研究社

【可算名詞】
1 クモの巣.
2
 a クモの巣状のもの 〔of〕.
 b 仕組んだ[たくらんだ]もの,わな 〔of〕.
3 織物; (ひと機(はた)分の)織布.
4 ひと巻きの印刷用紙.
5 【鳥】
 a (水鳥の)水かき.
 b (コウモリなどの羽の)翈(こう).
[WEAVE と同語源]

音節web発音記号・読み方wéb変化複~s{~z}
名詞1クモの巣,クモ糸(cobwebともいう)

 A spider was spinning a web on the ceiling.
クモが天井に巣をかけていた

2クモの巣状のもの,網;(張りめぐらした)わな;複雑にからまり合った状況[関係]

 a web of roads
道路網
 a web of lies
うそのわな

3(水鳥などの)水かき
4(製作中の1機(はた)分の)織物
5(1巻分の)印刷用紙
6((the ~))(インターネットの)ウェブ⇒orld ide eb

【名詞】
クモの巣, 指の間の皮膜, 膜, 水かき, 繊維, 織物, 編物, 罠
用例A spider had spun a perfect web outside the window.
印欧語根
webh-織ったり編むことを表す。
waveなどの由来として、上下に動くこと。


Web

参照:研究社

━【名詞】
ウェブ, ウェッブ, WWW (=World Wide Web).
 ・on the Web ウェブ上で
 ・Web authoring ホームページ作成; ウェブ上の著作活動
 ・a Web author ホームページ作成者; ウェブ上の著作者
 ・a Web designer [designing] ウェブデザイナー[デザイニング]
 ・a web document ウェブ上の文書
☆原義は「クモの巣」

対訳 Web
解説
A set of interlinked documents in a hypertext system. The user enters the web through a home page.
対訳 web
対訳 WEB
解説
A content rating system for Web sites developed by Microsoft.
対訳 Web
解説
A set of interlinked documents in a hypertext system. The user enters the web through a home page.

【名詞】
連結網
一緒に用いる一つ以上のハイパリンクの集合

ウェッブ,巻取紙,ウェブ,添え骨,腹部

Web

参照:日本河川協会

ウェブ

みずかき; 傘膜; 網

網; 巻き取り紙; ウエブ; ウェブ; みずかき; 蹼; 羽板; ウェッブ; 傘膜; ウエッブ; 紙匹; 腹部

**** 共起表現
クモの巣, (World Wide Webの略として)
ワールドワイドウェブ, ウェブ, ウェッブ
関連語
World Wide Web, www

【動詞】
1
編むように網を組み立てる、または作り上げる
(construct or form a web, as if by weaving)
【名詞】
1
羽軸の両側の一連の羽枝からなる羽の平たいクモの巣のような部分
(the flattened weblike part of a feather consisting of a series of barbs on either side of the shaft)
2
いくつの水生鳥と哺乳類のつま先をつないでいる膜
(membrane connecting the toes of some aquatic birds and mammals)
3
獲物をもつれさせ、捕まえる複雑な罠
(an intricate trap that entangles or ensnares its victim)
4
織物(特に、織られている途中の織物)
(a fabric (especially a fabric in the process of being woven))
5
テキスト・グラフィック・音声・アニメーションのリソースをハイパーテキストトランスファープロトコルによって提供するインターネットサイトの集合から成るコンピュータネットワーク
(computer network consisting of a collection of internet sites that offer text and graphics and sound and animation resources through the hypertext transfer protocol)
6
物または人々が相互に関連し合う仕組み
(an interconnected system of things or people)
tangled in a web of cloth 布の繊維でもつれた
7
織ったり編み込んだりして作ったものを連想させる、複雑な網状組織
(an intricate network suggesting something that was formed by weaving or interweaving)
the trees cast a delicate web of shadows over the lawn 木は、芝生の上に影の優雅な網をかけた
「web」に関する類語一覧

水掻;くもの巣;蜘蛛の巣;水掻き;水かき;クモの巣

ウェブ

ウェッブ; 糸
蜘蛛の巣; 薬厚; 力材; 腹部; ウェッビング; 精巧な網; ウエッブ; 力骨; ウエブ; 丸天井; 織物; 巻取紙; 紙; ウェブ; ワイヤー; 紙匹

巣;水掻き

Web

参照:Weblio

ウェブ
カテゴリ IT用語
ウェブ
カテゴリ 技術用語
ウエブ
カテゴリ 自動車用語、金型用語
Weblio専門用語対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。
ご了承くださいませ。

Web

参照:Weblio

WWWとは、World Wide Webの頭文字をとったもので、インターネットやイントラネットなどで用いられているHTML文書に代表されるシステムのことである。
ネット上, ウェブ
巣, 栖, 網, 水かき, 水掻き, 蹼, 電網, ウェブ, 連結網
ウェブ; 紙匹
まきとりし

Weblio英和対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。
ご了承くださいませ。

Web

参照:Wiktionary

語源

Capitalized form of web. From 古期英語 webb, from Proto-Germanic *wabją, from Proto-Indo-European *webʰ- (“weave”).

発音

 (Received 発音) IPA(key): /wɛb/

固有名詞

the Web
 (possibly informal outside attributive use) The World Wide Web.
 2013 June 21, Oliver Burkeman, “The tao of tech”, in The Guardian Weekly, volume 189, number 2, page 27:

The dirty secret of the internet is that all this distraction and interruption is immensely profitable. Web companies like to boast about "creating compelling content", or offering services that let you "stay up to date with what your friends are doing" […] and so on. But the real way to build a successful online business is to be better than your rivals at undermining people's control of their own attention.



Some of that content is now only available on the Web.


Web page. Web portal. (attributive use)

派生語

 Web browser, web browser
 Web page, web page, web-page, webpage
 Web site

参考

 Appendix:American Dialect Society words of the year

アナグラム

 Bew, EBW, WBE

Web

参照:Wikipedia


WEB is a computer programming system created by Donald E. Knuth as the first implementation of what he called "literate programming": the idea that one could create software as works of literature, by embedding source code inside descriptive text, rather than the reverse (as is common practice in most programming languages), in an order that is convenient for exposition to human readers, rather than in the order demanded by the compiler.